ときどき外へ。

楽園行きバス、運休中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天使を捕まえた彼 ゲット!

琥一攻略時のセーブデータを使って、数人居る隠しの中の一人(アダルト)をゲット。

以下、ネタバレ感想。











隠しキャラ数人居る中の唯一の大人の彼(作家先生)を攻略。
琥一攻略途中のセーブデータを使用。
1回目は、セーブ画面に作家先生のアイコンが出たのに、琥一が来ちゃったので、2回目は、琥一の必須パラをガンガン下げて、なんとか告白に辿り着けた。
タイトルに「天使を捕まえた彼」なんて綺麗な感じに書いたけど、傍から見れば『援交』ですよ、先生。
何の「援助」もしてないけど(逆に世話してもらってたけど)、女子高生を家に連れ込んでる事に変わりなし。
そりゃ、編集者も大慌てで排除するわな。
プレイ時の主人公は、学園では、『嫁さん候補No.1』って称号を貰ってたから、当然全校男子からモテモテだっただろう上に、琥一が彼女に必死にアプローチしたり、他の奴らを牽制したり、それにもかかわらず嵐や新名が接近してきてたりで(一時期、一緒にバイトしてた)、男子学生どもが水面下で彼女を取り合ってたのに、彼らの知らない所で家にちゃっかり連れ込んだりして、横からかっ攫ったイケナイ大人。(笑)
後から男どもがこの事実を知って、一致団結して作家先生を呪ったり、ファンレターに見せかけて不幸の手紙を送ったりしてるといい。(笑)
このルートの私的目玉は、益田さんっ!!!
大っ好きなんだよーっ!!
相変わらずイイ男だ
なにげに氷室先生も、全体的に出番がちょこちょことあって嬉しい。
昔より、少し丸くなった? (見た目じゃなくて、内面が)
1作目の時よりも、生徒とのやり取りを楽しんでるように感じる。
これが、1作目の主人公を恋人にしたお蔭・・・ とかだったら、ちと萌える。
作家先生は、普段の姿より、スーツ着た時の、髪を撫で付けた姿の方が、好み。
普段とのギャップが良いんだけど、普段の髪が、もっと前髪が顔にかかった感じだと、髪を上げた時とのギャップが大きくなって、もっと良かったのに。
初めてコーヒーを淹れてあげた時の「3種類のコーヒー」のセリフに、ちょっと引いた。(苦笑)
先生、そう言うことは、作品の中のキャラに言わせてください。
いや、あなたも二次元キャラではあるのだけど。
隠しキャラだから、スタッフロール後の後日談が無かったのが残念。
愛しの天使に甘々メロメロな作家先生と、しっかり者だけど甘え上手な主人公、そんな二人を生暖かい目で見守る編集女史の、ある日の日常の一コマとか、すっごく興味ある。
イベントは少なかったけど、妄想力を刺激するルートとキャラで、好きだ。
作家先生夢、探してみようかな。
 

タグ : DS/GS3

[ 2010/09/06 23:36 ] ゲーム | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。