ときどき外へ。

楽園行きバス、運休中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

壁一面本棚の部屋が欲しい。

あまり読み返さない本を本棚の取り出しにくい奥の方に突っ込んで、少しずつ読み進めてるシリーズ物を手前の棚に出してみた。
そしたら、移動させる時に久し振りに目にした所為か、奥に突っ込んだヤツが読みたくなった。
ままならねぇ・・・
棚の手前に出す本と、奥にしまい込む本の選別も難しい。
出来る事なら、全部、常に見えるようにしたいくらいだ。
あと、作家ごとに纏めたいのに、文庫と新書と単行本があって無駄な空間が出来たり、同じ文庫や新書でも出版社によって微妙に高さが違ったりして、綺麗に揃わないのが気になるぅぅっ。
ここに雑誌とか画集とか絵本とか入ると、もぉカオス。
上手い整理&収納方法は無いものか。
――とか苦悩しながらも、明後日ごろには本が4冊届いちゃったりする。(内3冊は、京極堂のぶ厚いヤツ)
本だけは、我慢できないんだよなー
 
関係ないけど、「ブラタモリ」復活、おめでとー
大好きな番組だから、嬉しい。(今、観ながら書いてた)
 

タグ : 小説

[ 2010/10/07 22:49 ] | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。