ときどき外へ。

楽園行きバス、運休中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宝の山な雑誌。

活字倶楽部 2011年 03月号 [雑誌]活字倶楽部 2011年 03月号 [雑誌]
(2011/01/25)
不明

商品詳細を見る

マーカーと付箋片手にチェック。
今回も色々見つけた。
単行本は図書館から借りる事にして、ラノベ系をネット古書店で探すかなー
今回は、なぜか陰陽師系が数冊気になった。


陰陽カフェへようこそ (小学館ルルル文庫 か 1-11)陰陽カフェへようこそ (小学館ルルル文庫 か 1-11)
(2011/01/26)
片瀬 由良

商品詳細を見る
イケメン揃いの陰陽カフェで、店員は式神、イラストは ねぎしきょうこさんと来たら、興味を惹かれずにはいられない。
関係ないけど、「ルルル文庫」って、もの凄く言い難い。

鬼舞 見習い陰陽師と御所の鬼 (コバルト文庫)鬼舞 見習い陰陽師と御所の鬼 (コバルト文庫)
(2010/10/30)
瀬川 貴次

商品詳細を見る
陰陽師ものというと安部晴明が出てくる物が主流だが、これは晴明じゃなくて息子が登場。
彼に気に入られちゃった主人公の話。

よろず占い処 陰陽屋へようこそ (ポプラ文庫ピュアフル)よろず占い処 陰陽屋へようこそ (ポプラ文庫ピュアフル)
(2011/01)
天野 頌子

商品詳細を見る
元ホストのニセ陰陽師と、キツネ耳と尻尾を持つ妖狐の少年のヘッポココンビの話。
単行本の文庫化で、単行本未収録の番外編も収録されてるらしい。
文庫化にあたり、ラノベ的表紙になったのだが、この表紙の二人に見事に釣られてしまいましたよ、私。
古本が見つけられなかったら、新品買ってでも読んじゃうかも。

雑魚神様 (メガミ文庫)雑魚神様 (メガミ文庫)
(2010/09)
鳥村 居子

商品詳細を見る
陰陽師じゃなくてロリな神様の話。
人々から忘れられて世を拗ねてダンボール箱の中に引きこもっちゃった神様のところに、人間からの願いが届き、それを叶える為、唯一のお供である八咫烏と一緒に出かけるが・・・
表紙の神様も可愛いが、何に惹かれたかって言うと、お供の八咫烏がオッサンなのだよ!
ちっちゃい子とオッサンの組み合わせって、良いと思う!

南海の翼 ─長宗我部元親正伝南海の翼 ─長宗我部元親正伝
(2010/11/26)
天野 純希

商品詳細を見る
これは単行本なんで、図書館で借りようかと思ってる。
長宗我部というと戦国BASARAの彼しか思い浮かばなくて、ホントはどんな人だったのか凄く興味がある。



あと、封殺鬼の新刊が出るらしい。
既刊は、買い集めたまま、まだ読んでないや。
読まなきゃ。
前の号のカツクラ買った時に興味を引かれて買った本も、まだ読んでないのがあるんだよなー
読まなきゃー
読むぞー
 

タグ : 小説

[ 2011/01/27 23:58 ] | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。